異様な状況


777 本当にあった怖い名無し sage 2009/11/27(金) 23:38:11 ID:OY1hNWB10
夏の真昼間、
あまりにも暇だったので玄関先に立ってみた。
遠くに爺ちゃんが見えた。本家からの帰りかな。

爺ちゃんが両手で頭らへんを抱えて走ってる。
この時点で何か変だなと思ったが、
爺ちゃんが近づくにつれて、異常なことに気づく。

爺ちゃんの頭上を境目に、晴天と雨雲が綺麗に別れて
境界線ができ、爺ちゃん側で、ものすごい雨が降っている。

ぞっとした。
いくら走っても雨から抜け出せない。

俺はその異様な光景を
ただ立ち尽くして眺めることしか出来なかった。。

爺ちゃんは、その件に関して、
雨のことには触れず、
変な声が聞こえとった、と言った。
関連記事
2018-02-19 21:16 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR