サッカー


とあるサッカーの名門高校があった。

そこにサッカー部の監督として就任した先生がいた。その高校は毎年のように県の代表としては全国大会に出場していたが、その監督に代わってからは戦績は思わしくなく、次第に校長や父兄、それを応援する地元住民から苦情やプレッシャーを受けるようになった。

監督は自殺した。

ある日、夜中の2時ごろその高校のサッカーグラウンドのそばを通りかかった人がいた。

誰かがグラウンドでリフティングをしている。。。

よく目を凝らして見ると・・・なんと首の無い人がリフティングをしていたのだ。

そして・・・サッカーボールと思われていたものは・・・

自殺した監督の首だった。



関連記事
2018-06-17 21:17 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR