大変な夜

645 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/12(土) 02:28:24.38 ID:byaGCcn60
面白い話の後なんでちょっと気が引けるけど、勇気を出して投稿。

歯を抜いた時の話。

抜歯後の傷に血餅がみられないため歯槽骨が露出し、傷に強い痛みを伴うドライソケットってのになった。

昼は車を運転して仕事行かなきゃならないから、あまり強い痛み止の薬も飲めない。

このドライソケットの痛みってのがハンパじゃない。普通の痛み止なんかは何の役にもたたない。
仕事なんてできるような状態じゃなかったけど、忙しくて休む事もできなかった。

646 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/12(土) 02:30:22.85 ID:byaGCcn60
歯医者が会社から近かったので、午前中に麻酔の注射を打ってもらってから、また仕事に戻るっていうのが4日位続いたんだ。
麻酔は午後2時頃からきれ始め、帰宅する頃にはもう全開に近い痛みが襲う。

2日目から、家に帰って処方された痛み止を飲んで寝ることを考えるただけで、幸せな気分になる、異常な精神状態になってきた。

処方薬は服用すると、頭がフワフワって感じに軽くなって、酔った時みたいに足元がおぼつかなくなる。
ぼーっとして、幸せな気分になるんだ。

そんな日が続いた3日目の夜。
夢を見ていた。妙に現実感のある夢だった

647 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/12(土) 02:32:30.84 ID:byaGCcn60
夢を見ていた。妙に現実感のある夢だった。
作業服を着た男が斧で木を切っている。顔は無表情で霧がかかったように少しボヤけて見える。
音のない世界で、斧が木に当たる音も聞こえない。
しばらくの間、自分はなんでここにいるのか考えながら、男が斧を振っているのを見ていた。

男は手を休めるとこっちを見た。
その時はっきりと男の顔が見えた。
目も鼻も口も一本の線でできているように見える。

ー | ー ←こんな感じ

ヤバイ、と思った。こっちへ来る。逃げたいけれど、どっちへ行けばいいのわからない。
後ろを見ると、何もない空間にドアだけが浮いている。
迷わすそのドアを開けて中に入ったら…自分の部屋だった。


649 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/12(土) 03:06:55.43 ID:byaGCcn60
そこで目が覚めた。怖かったあ、まだ心臓がドキドキしている。

で、体を起こしてしばらくベッドの上で、恐かったなあって考えていたんだ。
そしたら、急に金縛りみたいになって動けなくなった。
横になってる時の金縛りはあったけど、この体制でなると洒落にならない。

誰かが寝室に入ってくる気配がする。
さっき夢の中で入って来たドアの鍵をかけていない!
きっとあの男が来たんだって思ったよ。

作業服の男は両手で捧げるように"何か"を持っている。
何故かその男の周りだけが薄暗くてよく見えない。

男は自分の目の前に来て、その"何か"を渡そうとするんだけど、
こんなに近くで見ても、それは"何か"としか表現できない。

金縛りなのに、手が勝手に動いて
"何か"を受け取った。
ヌルッと生温かい感触。
大きさの割には重い。
強いて言えば、丸大ハムの丸ごとの大きいハムって感じかな。
そのハムみたいなところに、細くて小さい胎児の手足がついていて、ブンブン振り回している。
ヌルッと生温かいのは血だ。

650 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/12(土) 03:09:15.10 ID:byaGCcn60
心臓が口から出そうになるってこういうのなんだ。
どうして欲しいんだよ、こんなもの貰っても困るんだよ。
これはさっきの夢の続きなんだ。
覚めろ、覚めろ、覚めろ、
夢だ、夢だ、夢だ。
体を動かす事も、声をだす事もできない。

目を閉じたその時、ベッドに何かが乗った。
見ると、それはうちの猫だった。
猫は、背中を丸めてアーチ形になって、尻尾は3倍くらい太くなっている。
耳を後ろに反って今まで聞いたことがないような、恐ろしい声で男を威嚇している。

男は、相変わらず無表情だが、何となくビビってる気配がする。

やれー!そいつを追っ払うんだ!
男が手を伸ばして、丸大ハムを掴もうとした時、猫が引っ掻いた。
…と思ったら、男の手をすり抜けてしまった。

男は、丸大ハムを鷲掴みにしてこちらに背を向けた。
そして、来た時と同じように両手で捧げるように丸大ハムを持ちかえ、ゆっくりと歩いて出て行った。

652 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/12(土) 03:14:56.71 ID:byaGCcn60
茫然自失。
暫くそのまま座っていたら、猫が鳴いて我に帰った。
猫は興奮覚めやらずって感じで、体を舐めまくっている。
金縛りから解放されたけど、心臓はまだバクバクしていた。

夢…だよな。そうに決まってる。

猫が体をスリスリしてきたんで、よくやった、偉いぞって頭を撫でてやったよ。

時計を見たら、午前2時15分だった。仕事へ行くまでまだ時間はあるし、とりあえずもう一度寝ることにした。
うちの猫はベッドで寝ないからちょっと心細いけど、きっと何かあれば助けに来るだろう。
電気はつけたままにした。

布団を顎のところまで深々とかけて目を閉じた。
痛み止めが効いているんで、すぐ眠りに落ちた。

どの位寝てたんだろう?口元に何かが触れる感触でボンヤリと目が覚めた。

猫が起こしに来たのかな?
うちの猫は毎朝、目覚ましが鳴る1時間前に起こしに来て、肉球で私の顔を軽くポンポンする。

653 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/12(土) 03:17:19.35 ID:byaGCcn60
目を薄っすらと開けると、顎までかけた布団の所に、触角が動いているのが見えた。
うわあって声を上げて布団を掴んで振り払い、ベッドから飛び降りた。
手にはパリっていう嫌な感触が残っている。
まさか、でもきっとこれも夢だ、そうに決まってる。
薬の説明書きに、幻覚のような変な夢を見るって書いてあったし。

それにしたって、確認しないといけない。
ベッドから少し離れた所に立って耳を澄ませてみた。

ベッドの下でカサカサ音がする。
触角をつけた"何か"がそこにいる。
願いはただひとつ。
Gではありません様に。バッタだったらいいなあ。この際コオロギでもいいや。

とにかく、強力殺虫剤を持って構える。

654 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/12(土) 03:22:58.59 ID:byaGCcn60
ベッドの下から茶色い奴が飛んで、本棚と壁の間に入った。
50%の希望が消えた。

奴が隠れた所に殺虫剤を噴射すると同時に、奴は飛び出してきた。
事もあろうに玉砕を覚悟して、神風特攻隊のように自分めがけて飛んで来たんだ。

殺虫剤を奴に向けて噴射。
見事に命中して奴はポテッと床に落ちた。
まだ抵抗をするつもりなのか、床を履いながらこちらに向かって来る。
殺虫剤を噴射。ビショビショになった奴はとうとう動かなくなった。

655 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/12(土) 03:24:18.54 ID:byaGCcn60
そいつはやっぱりGだった。
Gは何をしようとしてたんだろう?
口の中に入ろうとしてたんだろうか?

げえええー、Gに唇を奪われたあ。
10回ぐらい歯磨いて、リステリンでブクブクしてシャワーを浴びたよ。

丸大ハムの恐怖は一気に吹き飛んだ。あれが何だったのかはもうどうでもいい。
Gの触角を、ここまでそばで見たことがあるやつは少ないはずだ。
2chの連中にちょっとぐらい自慢したっていいと思った。


657 本当にあった怖い名無し sage 2013/01/12(土) 03:35:11.05 ID:byaGCcn60
以上です。

今だにGの恐怖のトラウマ中。

丸大ハムが何だったのかわからない。

長文な上、たいした落ちもなくすいませんでした。


関連記事
2017-03-04 21:20 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR