FC2ブログ

山が呼ぶから




ある画家がいた。画家は山の絵を描くのが好きだった。
しかし、売れない。生活は困窮した。妻には苦労をかけっぱなしだった。
認められぬ才能への葛藤と、不甲斐ない自分を支えてくれる妻への申し訳無さで、
悶々とした日々を送っていた。それでも描き続けた。

ある日の夕方、勤めが終わり帰宅した妻は、製作中の夫の絵を見て驚いた。
それはいつも描いているような山の絵だったが、山の頂上に何人もの人間が立っているのが見える。
数えてみると12人いた。
その12人は山のサイズからして、不自然に大きなサイズで描かれており、
写実的な画風である夫が描いたものにしては、異様な絵であった。

画風でも変えたのかと思い、夫に訊ねてみたが、「だって、あそこにいるもの。」と、窓から向こうの山を指差した。
窓から見える山は、確かに絵の山と同じ形をしていた。しかし、人など見えない。
このとき妻は、夫が精神に支障を来たしてしまった事に初めて気がついた。

妻はすぐに絵を描くのをやめさせ、夫を病院へと連れていった。
入院するほどのひどい病状ではなかったのは、貧しい二人には不幸中の幸いだった。
しかし、医師から筆を折る事を勧められたのは、夫にとっては酷だったようだ。
しばらくして、夫は絵を描くのをぱったりと辞めた。かといって、勤めに出るわけでもなく、
毎日、窓の外の山を眺めているのだった。そんな停滞した時が幾日か続いた。

ある日、夫は忽然と姿を消した。跡には、いつのまにか完成された例の絵と
「山が呼ぶから、ちょっと行ってきます。」という書置きが遺されていた。
妻は警察に捜索願いを出したが、行き先が判っていたのですぐに見つかった。
だが、その姿はあまりにも変わり果てていた。
夫は自宅の窓から見える山の頂上で、遺体として発見された。
遺体はバラバラに引き裂かれ、それぞれ、12本の木の枝に紫紺の紐で結びつけられていた。

警察は猟奇的な殺人事件として捜査したが、未解決のままだ。
妻は身内だけのひっそりとした葬儀を執り行った後、山の見えない地へと移った。
あの絵の所在は分からないという。


関連記事
2018-10-28 21:30 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR