FC2ブログ

お化けが会いに来た




自分ん家はマンションの5階なんだが、夜中目を覚ますとベランダのガラス戸を挟んでお化けがいる。
絵本そのままの格好で浮いてる。
「○○くん、○○くん」
ガラス越しに俺の名前を呼ぶ。
「遊びに行こうよ」
絵本そのままの顔で笑って誘ってくれる。
「行こうよ、行こうよ」
夜中に遊んだらいけないので、「ごめんだけど行けない……」と断った。

その後何日か経って、お化けはもう一回やってきた。
その日は暑いので、網戸にしてガラス戸は開いてた。
前と同じ。
「遊びに行こうよ」
同じように断ったんだが、今度はお化けが怒りだした。
「なんで来てくれないの、こんなに面白いのに、何で来てくれないの」
かなり怖かったので、刺激しないようになんやかんやと言い訳をする。
「お化けのことは好きだけど、怒られるからダメ」「遊びたいけどもう遅いから明日来て」
そしたら、お化けがすっーと部屋に入ってくる。
ここで連れてかれると思った自分は、隣に寝てた親父の手を掴んで引っ張った。
お化けはもう命令口調。
「来い、早く来い!」
そこで隣に寝てた親父がばっと起きて、「出て行け!」と叫んでお化けを追い払ってくれた。
それ以後、お化けは現れなかった。

これが自分の記憶。

実際は、親父の結婚する前に付き合ってた女が、各階のベランダをよじ登って家に侵入したらしい。
親父が「出て行け!」と怒鳴ると、女は暴れて家中めちゃくちゃ。
張り倒してガムテープでぐるぐる巻きにして110番。
自分を連れて行こうとしてた女の表情は物凄く恐ろしくて、親父は今でも夢に見るらしい。
当時4歳くらい。成人してから、「もう話してもいい」と聞かされた話。
ちなみに、その時おかんは弟の出産で入院してた。おかんには未だバレてない?

自分は恐怖のあまり記憶を書き換えてしまったらしい。
今でもお化けの顔しか思い出せない。

関連記事
2019-07-22 22:21 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR