神の目

978 本当にあった怖い名無し sage 2012/09/07(金) 22:07:42.93 ID:9XQ9HIX9O
私は妻のセンスで洋館風の家に住んでいる。おかげで私の相棒であり家族の猫にベストマッチする洋間が私の部屋だ。
ロシアンブルーの毛並みがよく映える。彼の名前はノイズルド。
あの人ひとりが入るほどの大きな桐箱が私の宝物である。ノイズルドも気に入っているようで蓋の上を寝床にしていた。
なぜあんな箱が宝物なのかって?
人は信じないがあの箱に身を収め目を閉じると未来に行けるのだ。

未来に行けると言っても未来空間に自分の視覚と聴覚を投げ込むだけ。
未来を見て聞けるが未来に直接干渉することは出来ない。
私はその箱を「神の目」と呼んでいる。そしてその中で見ることの出来る未来映像を「ミチビキ」と名付けた。
私はミチビキのおかげで生きている。というのも、私は神の目で私を殺す人間を見た。


979 本当にあった怖い名無し sage 2012/09/07(金) 22:09:04.08 ID:9XQ9HIX9O

そして私は“現在”の世界で殺される前にそいつを殺してやった。それだけの事だ。

まだ何の事件にもなっていないようだ。そいつの死体も完璧に隠した事だし、まだしばらくは大丈夫だろう。

それにしてもノイズルドの体調が最近良くないみたいだ。
お気に入りの「神の目」の蓋の上にももう近づこうとしない。

ノイズルドの未来を見てみようか。心配になってきた。私は神の目に顔を入れ目を閉じた。
そこで見たのは腐敗して原型をギリギリとどめている愛猫の姿だった。
私は、愛する相棒の悲惨な姿とその腐敗臭にむせながら“現在”に帰った。

まだ元気な唯一の家族を抱きしめ私は未来を見たことに猛烈な後悔をした。



関連記事
2017-04-01 13:24 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR