最後の客

982 本当にあった怖い名無し sage 2012/09/08(土) 00:10:51.02 ID:Hh98s81P0
中3の秋頃、高校受験のために塾に通ってて、帰りはいつも
父か母が車で迎えに来てくれていた。
でもその日は父も母も地区の用事があって、一人でバスで帰ることに。
遅い時間だからか、仕事帰りらしいおじさんが乗ってるだけだった。
いつの間にかうとうとしていたのか、はっと気付くと、前の方に座っていた
おじさんはもういなくなっていた。ああ自分だけか、と何となく振り返ったら
斜め後ろの席にガリガリに痩せた男が座っていた。

その人は子供のようにも見えるし、結構年がいってそうにも見えた。
無表情で席に座った姿勢のまま、ぴょんぴょん飛び跳ねている。
まるきりはしゃぐ子供みたいな仕草なんだけど、全く微笑ましい光景じゃなくて
うわー池沼かよ、と無視を決め込んだ。気弱な見た目のせいか絡まれやすかったから。
何かあったらすぐに運転手さんに助けを求めようと前を見ると、
ちょうど運転手さんもルームミラーで後ろを確認しているようで一安心。

降りるバス停がきて席を立つ時も、その人はまだぴょんぴょんしてた。
目で追われてる気がして足早に前に向かって、料金を払っていると、
運転手に「塾?こんな時間まで大変だね。今日は君が最後のお客さんだなぁ」
と話しかけられた。「いつもはサラリーマンの人が乗っておしまいなんだけど」
え、でもあの池沼は…と思い、軽く振り返ると確かに横目に奴が映る。
その場にいたくなくて、挨拶もそこそこにバスから降りて、家までダッシュで帰った。
振り返ったら窓にあいつがべったりくっついてそうだったし、
更には追いかけてきてるような気がして、とにかく怖くてチビりそうだったんだけど
書いてみたら全然怖くなかった。

関連記事
2017-04-01 17:24 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR