話し声

204 本当にあった怖い名無し sage 2012/07/27(金) 20:15:21.96 ID:VnQsMrx10
母が体験した事を書きます。

もう何十年前になるか忘れたが、あるお盆の夜に、母が血相を変えて帰ってきた。
落ち着かせて話を聞くと、こんな話をオレにした。

たしか知人の家から帰る途中、近道をしようと思い、墓地を通り抜けたと言ってた記憶がある。
墓地と言っても、さほど大きいところではなく、せいぜいマンション一軒分くらいの広さだ。
ただ、明かりなんてほとんど無いので、薄気味悪いところではあったが。

だが、寺の多い町で生まれ育った母にとって、墓地は遊び場だったと聞いたことがあるので、
墓地が怖くないから、近道したんだろうと思う。

さて話の続きだが、母が墓地を歩いて、真ん中あたりに来たときに、
あちこちからボソボソと声が聞こえてきたそうだ。
あぁ、お盆やからねぇ。お参りに来とるんだわ。
気にすることなく、歩き始めた母だったが、少しかわった事に気がついたそうだ。

・・・だれもおらん。

205 本当にあった怖い名無し sage 2012/07/27(金) 20:16:29.19 ID:VnQsMrx10
少し怖くなったので、早足でそこを抜けようとした、そのとき、
ボソボソした声が、だんだん近づいてきたそうだ。
よく聞くと、大勢の人間の声で、何か話している、というか、こちらに話しかけている。
老若男女のまじった、小さいが大勢の声が、自分をかこむように、だんだん近づいてくる。
固まってしまった母の耳元に、声たちはだんだんと近づいてきて、最後に耳元でこう言ったそうだ。

き い て

その後、無我夢中でパニックになりながらも、家に転がり込み、
オレにそんな話をした、ということだ。 

それから何年の後に、その墓地は、都市計画によって移転させられてしまった。
オレの伯父が、そのころに役場の都市計画課にいたのは、単なる偶然だったのだろうか。

以上です。テンプレ通りですみません・・・。


関連記事
2017-04-06 09:06 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR