匍匐前進ババア

279 本当にあった怖い名無し sage 2012/07/28(土) 21:40:46.20 ID:VUqEw0lV0
ちょっと思い出した話を書いていいでしょうか・・・。

おい、ほふく前進ババアって見たことあるか?
部活後に先輩が唐突に聞いてきた。
その言葉の響きに、みな思わず爆笑してしまった。
彼は怖い話が大好きで、寮内バカメンバーもその影響を受けてしまったほどだ。
今日は、その話をしようと思う。

彼は、怖い話とバイクが大好きな、強面ガチムチな人だった。
そんな彼が、いつものように趣味のナイトツーリングをしていたときに起きた話だ。
大学から30分ほどバイクで走ったところに、バイクで流すのに気持ちのよい山道があった。
深夜は対向車もほとんど無く、民家もないので、気がねなくバイクで楽しめるところであった。

彼が、いつものように温泉街を抜けて、その山道で遊んでいたときのこと。
カワサキのでっかいバイクで、レーサーのようにコーナーを駆け抜けていたとき、
バックミラーに白いモノが映っているのに気がついた。
だれか来よったな・・・負けへんで!
彼は、アクセルをひねりスピードを上げた。
しかし、バイクのライトらしきものは、ミラーにどんどん大きくなってくる。
くそ!早いわ!
次第に、その光が近づいてきた。は?なんやこれは・・・。
チラチラとしか見ることの出来ないミラーに、一瞬人の姿がみえた。

280 本当にあった怖い名無し sage 2012/07/28(土) 21:41:32.15 ID:VUqEw0lV0
信じられないものがいた。白いもやもや状の、老婆だった。
それが、ほふく前進のかっこうで、両手をがしゃがしゃしながら追ってきてるのだ。
あかん!でよったわ!
無我夢中でバイクを飛ばす。でも、老婆の姿はいっこうに消えない。

半泣きの状態でいるところに、急にドン!とリアシートに何かがのっかった。
先輩が反射的にパニックブレーキをかけたところ、
ぐちゃ、と背中に肉のようなものが当たる感触がしたそうだ。
そして、止まって我に返ると、老婆のすがたはどこにもなかった・・・。

ははは!先輩~今度の話はあまりこわくなかったスねw
それ、よくある話ちゃいますん?w
あ、時間なんでもう帰ります。お先に失礼しま~す。
みんな、ゾロゾロと帰りはじめた。

いつもなら、そういう話をした後にドヤ顔する先輩が、
ひとり悲しそうに立っていたのが忘れられない。

以上です。ちなみにその先輩は、いまも元気です。




関連記事
2017-04-07 13:14 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR