雨中のくねくね

664 本当にあった怖い名無し sage New! 2012/06/21(木) 23:46:51.36 ID:mbguJ97w0
夜中、豪雨の中の山道を車で走っていた。
数メートル先が見えない状態で、転落の恐怖を感じながら徐行を続けた。
その後、雨がパラパラと弱まったので、
また豪雨になる前に急いで山道を抜けることにした。

山道を急いで抜けようとしていると、
向こうの方にワンピースのような服を着た人が、独りでいた。
夜中の雨の山の中、独りなのは、おかしいと思ったが、
怖かったので無視することにした。
するとその人は、こちらに向かって両手を挙げて手足をくねくねさせてきた。
その動きは、人間の動きではなかったので、
すぐにスピードを上げ、通り過ぎることにした。
そして、その異様な存在を追い越し、安心した瞬間、衝撃を受け、
急にタイヤが空回りし、車の身動きが取れなくなってしまった。
急いで懐中電灯を取って外に出て車の様子を見ると、
くねくねした手が、闇の向こうからこちらまで伸び、車を押さえていた。

こんなのを見ているようだと、
さっきの時点で取り憑かれたかもしれないと思いながら、
すぐに車を捨て山道を走った。
走りながら懐中電灯で向こうを照らすと、山側へのカーブが見えた。
しかしカーブを曲がると、目の前に道は無く、それは谷へ崩落していた。


関連記事
2017-04-19 21:25 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR