人生を変えるエレベーター

715 本当にあった怖い名無し New! 2012/06/23(土) 10:52:02.00 ID:yAg2RuZv0
12年前の8月
マンションのエレベーターに乗って自分の部屋がある7階へ昇っていた
なのに普段の何倍も遅くまったく7階へ着くことができない
一応動いているんだからと黙って待ち7階で扉が開いた
夏の割にものすごい薄暗くて部屋全てのドアが全開に
妙な気持ち悪さが漂ってたが早くこの場を出たかったので降りてしまった
それから普段の生活がズレているように感じるようになった
部屋に戻るんだけど物の位置や間取りが違う
職場で顔を合わせる人もまったくではないけど微妙に雰囲気が違う
両親や兄や祖母でさえ変な感じがした
何をするにも常に疲れている感じが取れず気持ちが悪い
でも周囲の人は私に何も変な感じを抱いておらずそれが余計に気持ち悪かった
年を追うごとにそんな感じが増えていて今でももちろん違和感がある
ありがちな話だけどこの体験が一番怖い


関連記事
2017-04-20 13:05 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR