高笑い

527 本当にあった怖い名無し New! 2012/05/24(木) 20:28:13.63 ID:G5i0qnNk0
これは自分が高校三年生の頃の実体験。

当時受験生の夏であるにも関わらず毎晩友人達と遊びまわっててね。
よくやってたのが母校や近隣の他校に深夜忍び込んで探索するって言う肝試し的な遊びだったんだよね。
とある日にやはり二人の友人と連れだって深夜の0時を過ぎた頃に母校に侵入してて校舎内を徘徊してたんだけど、突然笑い声が聴こえたんだよね。
俺たちは横長の校舎一階の真ん中あたりの教室に侵入して座って小声で話してた(警備員が定期的に回ってくるから警戒してた)んだけど、不意に隣の教室あたりから女性の笑い声が聴こえて…
「ヤバイ、誰かいる!」っつって友人達の話を遮ったんだ。侵入してるのがバレたらヤバイからね。
そしたら友人達はキョトンとしてさ、何があったの?みたいな事を言い始めて。
イヤイヤイヤ…誰か笑ってたじゃん!って言っても聞こえなかったの一点張りでね。
確かに校舎は住宅地の中にあるし、その辺りから声が聞こえる可能性もあるけど、俺が聞いたのはそんなレベルじゃなくて明らかに隣の教室あたりから普通に笑ってる声だったと説明して、念のため隣の教室やさらに隣の教室に確認しに行ったんだ。
だけど、当たり前の話で深夜の教室に女性なんて居るはずも無くて…
三人とも気持ち悪いから帰ろうという事になってその日は解散したんだ。

明けて翌日、普通に登校して(昨夜のは何だったんだろうなぁ)なんて思ってると、一時間目の授業が始まる前だったかな?緊急の校内放送が流れ始めて。
「今朝ほど登校途中の一年生A子さんが電車に接触して亡くなられました。」って内容でね。
瞬間、身体中に鳥肌がたってきてまさに背筋が凍ってしまった。
時系列的に考えても昨夜の声が聞こえた時にはA子さんはご存命だったわけで関係ないのかも知れないけど、聞こえた声は確かに若い女の子で本当に楽しそうな笑い声だったから…
もしかして数時間後に起こる悲しい出来事を魂が予感して、思い出のある学校に来てたりしたのかなぁなんて思った。

依頼二度と深夜に学校に侵入することは辞めたけど、遊び過ぎて一浪する事になったのは残念な事です。

おわり




関連記事
2017-04-29 17:08 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR