災難

600 本当にあった怖い名無し sage New! 2012/05/26(土) 08:20:37.45 ID:0TRlLIio0
前住んでいた家は階段の踊場に大きな鏡がかけてあって、自分の部屋のドアを開けると真っ正面に階段、そして鏡って感じだった
それである夜トイレに行こうと部屋のドアを開けたらその鏡におかっぱの女の子の首が映っていたんだ。(もちろん階段には誰もいない)
目は虚ろなのに、しっかりとこちらを見ていたから視線を合わせたままお互いフリーズ。

とりあえず何も見てない何も見てないと慌ててドア閉めたんだけど、トイレ行きたいしそろそろ夕飯の時間だからどうせ下降りるし…と1人寝室で悶えていた。

するとちょうどいいタイミングで母親(霊感有)登場。

部屋に入るなり「あんた、呼ばなかった?」と聞いてきた。
「いや何も?」と返すと「は?呼んでないの?何言ってるのかは分からなかったけど女の子の声が階段の方から聞こえたんだけど」と不思議そうに首を傾げる。
まさか、と思い「さっき階段におかっぱの女の子いたよ」と話すと母親はΣ(゚Д゚)ハッとした顔をして
「あぁ!それでか!あたしその子踏んだわぁ」
と笑い出した。


関連記事
2017-04-30 13:12 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR