窓の隙間から

756 本当にあった怖い名無し sage New! 2012/05/28(月) 00:34:22.87 ID:5PKK4Zyw0
運動のために、帰り道は2駅前で降りて歩いてる。
いつもと同じ道は芸がないなーって、ちょくちょく道を変えてるんだが、先日通った道は古い市営住宅とかが立ち並ぶ道だった

住宅のドアを見ながら、「あー、灯り点いてない部屋もあるなー。やっぱりこんな古いの中々入らないのかなー」って
眺めながら歩いてたら、俺と同じ目線の高さに、しっかり点いてる灯りが見えた。台所にある下側が蝶つがいになってる窓があいてる。
なんていうのかな、全部開かなくて、45度くらいまでしか開かない窓、って言えば分かるのかな?

ふーん、料理でもしてるのかなって眺めながら通り過ぎようとしたら、その窓の隙間からすっげえ笑顔でこっちを見てる
ヨコハマタイヤの看板みたいな、無機質な笑顔
「うお、見てるのがバレた。いけないいけない」って思って目を逸らしたが、よく考えたら、中途半端に開くその手の窓から
人の顔が見えるわけがない。天井に顔がないと見えないレベル。

「えっ?」って気付いて振り返ったら、ヨコハマタイヤがニヤニヤしながら口を高速で動かしてた
ダッシュで家まで帰ったわ



関連記事
2017-05-03 13:03 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR