幼児の警告

953 本当にあった怖い名無し 2012/05/16(水) 03:01:23.15 ID:Y1+rF92X0
俺がまだ4,5歳くらいだった頃の話。

ある日の夜、母さんが俺を寝かしつけていた際、まだ舌足らずな喋り方しか出来なかった当時の俺が、「なあ。何か臭くね?」とはっきりした発音で寝言を言ったらしいのだ。
突然のことで、まさか泥棒が潜んでいるのかとパニックになったらしいのだが、再び俺が「う~ん、絶対何か臭うとおもうんだけどなぁ」と喋り、更に驚いたとのこと。
そして、その言葉を信じて辺りを嗅いでみると、確かに臭い。
心配になって家を見て廻った所、ガスが漏れていたらしいのだ。
それ以来、俺が寝言で喋ることはなく、あれは一体何だったのだろうと首を傾げる日々だったらしい。
俺は覚えてないけど、まあなんだ。人間ってピンチの時には何だってできるものなんだな。

怖い話じゃなくてスマン。


関連記事
2017-05-09 21:03 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR