蜘蛛

205 本当にあった怖い名無し 2012/03/03(土) 00:28:49.89 ID:tC8hT8G60
空気を読まず投下
高校の時、部活の合宿で長野に行ったんだが
旅館とかに泊まるんじゃなくて廃園になった幼稚園を掃除して
そこに泊まることになった。
無論手入れなんかされてないから泊まる前に掃除をすることになった。
庭、教室?は想像していた通り虫の寝床になっていたんだが、
職員室?的な場所だけ南京鍵がかかって入れなかった。
このままだとOBや先生の寝る場所がないってことなので
失礼だが南京錠を壊して入らせてもらうことになった。
だが開けてみて驚いたんだがその部屋の天井にびっしりとお札が、
張ってあった。そしてそのお札には蜘蛛?人間みたいな絵が描いてあった。
でも当時俺は体育系なノリだったから、なんぼのもんじゃーって感じで
お札を箒ですべてたたき落としてしまった。
だけど一枚だけ隅のほうに頑固に張り付いて取れなかった。
仕方ないので脚立を持ってきて素手ではがすと、天井の板が取れて
黒い蜘蛛がわっと降ってきた。
だけどそいつもまとめて掃除機で吸い取り、屋根裏にたっぷりと
防虫スプレー噴射してまた天井を貼り付けといた。
今思えばよくあんな事したなと思う。

翌朝庭に出した靴を履こうとしてみると友達の靴はなんとも
なっていないが、俺の靴だけまるで蛹のように蜘蛛の糸が巻き付いていた。
その後俺は肝試し中、一本道のはずなのになぜか迷って
廃村に迷い込んだり、その時の彼女が同じ肝試し中、白い服を着た
人間に追いかけられたりと散々な目にあった。
なんとか助かったのは、高僧だった曾爺さんのサイン入りの木札の
おかげだと思う。財布に入っていたんだが黒焦げになっていた。
やはりさわらぬ神にたたりなしだと思う。

関連記事
2017-05-23 17:19 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR