写真の風景

380 本当にあった怖い名無し New! 2012/03/07(水) 14:48:00.26 ID:MprdvUOf0
夜の22時頃、風呂上がりに母が撮った写真を見ていました。
何の変哲もない街の写真が1枚ありました。
私は「これどこで撮ったん?」って訊きました。

私の町には、昔ここらを統治していた将軍様が祀ってある場所があります。
その場所はこの町で一番高い場所(100mくらい)である山の頂上です。
その山は町の境にもなっており、写真は頂上から見える隣町を撮ったものだそうです。

しばらく写真を眺めていました。
気付いたら、私が見ていた隣町の風景は、写真を通してではなく、
実際に自分の目で見ていました。何が起こったのかわかりません。
私はいつの間にか、崖の縁に立っていました。断崖絶壁。落ちたら死にます。
一瞬の間、地面が揺れたのか私の体が揺れたのかわかりませんが、崖から落ちてしまいました。
足をすべらした瞬間、私は崖にしがみつき、必死で這い上がりました。
一体何が起こったのか…

泥だらけになって家に帰り、時刻は朝の6時。
昨日の22時からの記憶が全くありません。
私はいつのまにか、崖の縁に立っていました。
父と母に話したところ、とてつもなく驚いていました。
将軍様の呪い?なんでしょうか。写真はまだあります。
今日の出来事です。
関連記事
2017-05-25 21:23 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR