せまくする


799 本当にあった怖い名無し sage New! 2012/02/08(水) 15:34:32.45 ID:LIPWYzsr0
(1/3)震災後。
コンビニに行く途中、女の子に会った。
「ねーねー」
傷だらけの女の子はにこにこしている。
「あんねー、せまくするって」
雨でもないのに、濡れていて様子がおかしい。
ああ、もう亡くなってる子の幽霊かなと思った。
(ぼやけた感じでもなく、はっきり見えるのが奇妙だった)
「何を狭くするのさ?」
「もん」

800 本当にあった怖い名無し sage New! 2012/02/08(水) 15:37:01.85 ID:LIPWYzsr0
(2/3)
「もんってゲートの門のこと?」
「うん!あたしね、並んでたけど。すいてないから、もうちょっとここにいるね」
ちょこんと座ると足がデロデロに溶けかけていた。
「大丈夫?」
「うん。あたしはね、三本目を切ってもらうんだ」
「三本目?」
女の子がわき腹を見せてくる。
「これね、■■(よく聞き取れなかった)君のね、うで」
「腕?」

801 本当にあった怖い名無し sage New! 2012/02/08(水) 15:39:28.51 ID:LIPWYzsr0
(3/3)
わき腹にイソギンチャクのようにくっついた腕がヒラヒラ動いた。
「そのまま、あっちへ行けないの?」
「変なのまじるから、門がせまくなったの。ちゃんと人の形してないとだめだって」
「何か飲みたいもの、ある?コンビニ、近いからさ買って来るよ」
「リンゴ!小岩井のリンゴ!」
そのジュースを買って戻ると、もう女の子はいなくなってた。
関連記事
2017-06-03 13:23 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR