道を譲る

471 本当にあった怖い名無し sage 2011/11/26(土) 23:10:13.64 ID:AlxVZ7o3O
帰り道、いつもの歩道。
左手は公園の垣根、右手は軽くカーブして見通しのよくない車道。
幅1.5m位のどこにでもある歩道を通って今日も俺は帰宅する。
と、向こうから4人の親子連れが歩いてくる。
爺さんと夫婦と乳母車の赤ちゃん、なにやら楽しそうに話していてまったく前方を見ていない。
もうほんの2m、歩道いっぱいに歩いてくる親子連れに仕方なく俺は道をゆずる事にした。
車道側の小さな段差を降りて彼らとすれ違うちょうどその時、無灯火の車がっ!

ぎりぎりで車は服をかすめて走り去った。
たしかに車道にいた俺が悪いんだが、ずいぶん危ない運転じゃないかと俺は振り返った。
するとそこには先の親子連れがこちらを向いて立っていた。
爺さんと夫婦と赤ちゃん
皆同じ顔で俺をニヤニヤと見つめていた。
声一つ無く、ただニヤニヤと…

事故の多いような道にはああいったのが居るのかな?
関連記事
2017-06-24 13:13 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR