761 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/11/11(金) 17:36:10.20 ID:EgrSwVaiO

近所の工場付近の交差点に、随分前からゴミ袋に包んだ鍋が捨てられている。よくある両方に取っ手がついてて金色の、よくある鍋。
こんなところに鍋ごと捨てるなんて、どんだけ中身やばいんだろう。とか、いやよく工場の人がこの辺で休憩してるから灰皿代わりなのかなー。とか、色々考えていた。
で、あれは雨の日の夜。近所の飲み屋から酔っ払って帰ってくる道中、やはりいつも通り投棄されている鍋が視界に入った。
いつもは素通りだが、酔っ払ってると妙に行動力がつくというか、中身見てみるかという気分になった。
夜。雨に打たれ、街灯を反射し妙な雰囲気を醸し出している鍋。
ビニール袋を開け鍋蓋のつまみを持ち、そっとずらす。
ガッ
私は我が目を疑った。鍋の中の暗黒から青白く枯れ枝のような手が飛び出し、鍋のふちを音を出すような勢いで掴んだ。
その後は、こんなに速く自分が走れたのかと思うような速さで走って帰った。
まだ鍋はある。蓋も完全に閉まった元の姿で。
とりあえず、夜はその道を通らないようにしている。

関連記事
2017-06-29 21:23 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR