しおりの日付

287 本当にあった怖い名無し 2011/10/02(日) 01:14:54.60 ID:8FXbsV8E0
古本屋やってたじいちゃんの話
ある日大量の本を持ち込んだ客がいた。
すべて買い取り、閉店後改めて本のチェックをしていると、一冊の本から一枚のしおりが見つかった。
しおりには鉛筆書きで三つの日付が記されていた。
特に気にとめず捨てようとしたが、ばあちゃんが日記にその日付を記していた。
じいちゃんはその一つ目の日付に事故で亡くなった。
ばあちゃんは十五年後二つ目の日付にやはり事故で亡くなった。
三つ目の日付の日にはなにも起きなかったとか。
今でもうちら親族の語り草になっている妙な話。

関連記事
2017-07-12 21:09 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR