僧の像

524 本当にあった怖い名無し sage 2011/09/22(木) 09:00:30.50 ID:wc8g8l+S0
以前住んだ茨城県R市に気味悪い不明の僧の像がある
奥に神社、手前に公民館、さらに手前にそれはある
35.887201, 140.200401 g~mapだとこの辺です
等身大で木製の像で着色の跡がある
手首が折れていて足元に置いてある
屋内にあり何者かの保存の意思を感じる一方
台座や足元が腐っていてそこに折れた両手首が置いてあり
大切にされていないのか、誰も手を付けていない印象を受ける
この不明僧を写真に撮ると数時間で災厄が降りかかった
写真を削除すると収まるみたいでまた撮ると短時間の内に災厄が起こる
突然の耳鳴りと共に幻覚幻聴
そしていつの間にか学校裏の墓地に立っている
近くの知り合いが見つけてくれて正気に返った
いきさつを話すと強引にに写真を削除された
あっという間にスッキリした

でもどうしてもまた見たい、撮りたい衝動に駆られてまた撮った
帰り道に幻覚が発生し、右折したらコンクリート壁に激突
外傷の無い痛みがあちこちに残った
写真を消して約一年後にまた撮ってしまい、帰り道後ろから
追突される。ブレーキを踏もうとしたら足が消えて踏めなかった
というのが相手の言い分だ
あれから半年過ぎ、削除したのにまた撮りたい
でも体が痛くてろくに歩けません
誰かあの写真をアップしてくれませんか

関連記事
2017-07-24 17:19 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR