相乗り

486 本当にあった怖い名無し New! 2011/09/14(水) 00:01:30.33 ID:I0ca8p5S0
数年前ある地方の営業所に出張したときの話。
終業後飲みに連れていってもらい、終電の車内で寝過ごしてしまった。
宿まで二駅だし、タクシーで帰ることにしたがなかなかつかまらない。
しばらく歩いていると、空車のタクシーがこちらに走ってくるのが見えた。
待ってましたとタクシーを停めて乗り込んで気がついた。
後部座席の奥にすでに女が座っている。
乗り込むまではまったく気がつかなかった。
相乗りか?田舎ではそういうこともあるのかな?と自分なりに納得した。
運転手に聞かれるまま目的地を告げ、タクシーは走り出した。
横目でチラリと女を見ると、かなりの美人であることに気がついた。
しかしなぜかニタニタと薄笑いを浮かべており、気味が悪かった。
運転手は多弁な男であり、いろいろと話題をふられた。
俺も嫌いではないのでそれにのってとりとめもない会話をした。
しかし、運転手は女に話をふることはなかった。
女はやけにタバコ臭かった。
車内が、ではなく明らかに女がタバコ臭かった。
若い女にしては珍しく、カバンなどを持っている様子がなく、手ぶらのようだった。
十五分ほどでホテルに着いたが、女はなにも声を発することなく、俺の方を一度も見ることなく、終始歯茎を見せながらニタニタとしていた。
降りたあと、閉じたドア越しに車内を見て驚いた。
そこに座っていたはずの女がいなかった。
タクシーはしばらく進み、Uターンして道を引き返していった。
標示はまた空車だった。


関連記事
2017-08-01 21:11 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR