TGN1412

747 本当にあった怖い名無し 2010/10/03(日) 17:52:05 ID:4gkUn3Sk0
治験って知ってますか?
製薬会社が新しい薬をつくり、そのテストで健康な人間に投与してみる事です。
要は人体実験です。
ただその前には兎やら猿に投与してみて、大丈夫だったら何百分の1の量を人間で試すらしい。

それで、これは実際にあった話。
被験者は7人で、うち2人はプラシーボの偽薬(つまりただの水とか)。
その2人を除き、投与された全員がどえらい事になった。
薬を注射をされ、しばらくすると、順に全身の激しい痛みを訴え、大量の嘔吐、皮膚はどす黒くなり、頭は3倍に腫れ上がった。
阿鼻叫喚の地獄絵図。あまりの苦しみのため、医師に眠らせてくれと懇願した者もいた。
全員が意識を失い集中治療室で人工呼吸器をつけられた。
死亡者は出なかったが、足の指を全部、手の指を3本失い、車椅子生活になった者がいたそうです。

「TGN1412」で検索してみて下さい。恐ろしい・・・。


関連記事
2017-10-23 21:05 : こわい話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

PR